合格体験記 | 東進ハイスクール 厚木校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

2022年 厚木校 合格体験記

早稲田大学
教育学部
理学科

熊坂周太朗 くん

(厚木高等学校)

2021年 現役合格
教育学部
本当に辛かった時が多いと思いきや、それよりも合格した時の喜びがとてつもなく大きくこれのほうが印象に残っている。全力で勉強に取り組むのは当たり前だが、そこでいかに楽しく勉強をするかが合格を左右すると思う。楽しくやっていたからモチベーションも保てたし、諦めずに最後まで走りきれたと思う。また周りの目をあまり気にせずに勉強することも大切で絶対受かる気持ちをもって勉強するべき、自分の受かった姿をイメージするのも大事。さまざまな模試の判定は自分は最後まで第一志望にAやB判定が出なかったが結局その第一志望も含めて9/10校合格できた。模試で一喜一憂より復習が絶対良い。あと本番当日にはトイレ行きたいときは我慢せずにトイレに行ったほうがいい、数学の時に行ったら解法が思い浮かんだからだ。これからは遊び尽くすことができなかった高校生活の代わりに大学はせめて色々なことに挑戦したいと思う。東進はうまく利用すればとてもアドバンテージがあって予習復習をちゃんとやれば実力はついてくるが基本的に自主性に任せられているのでやる気が出なかったりスマホが離せなくなる時は担任助手に相談するとやる気がみなぎると思う。また受講はこまめにやらないと後々に焦り、結局時間の無駄になってしまう、過去問はやればやるほどいいのでビビらず早めにやるのはいいが基礎が固まっていない中やるのは無駄だと思う。自分の丈に合った勉強をしよう。自分は教育学部に進学するが教育関係だけでなく文理関係なくたくさんのことを学びつつ、前からの夢であった服飾関係の仕事に就職したい。

横浜国立大学
都市科学部
建築学科

臼井祐人 くん

(厚木高等学校)

2021年 現役合格
都市科学部
東進に入ってよかったと思うことは、自ら計画を立て、実行して、確認するなどこれから生きていくうえで大切になる力を育むことができたことです。1日1日しっかりと目的意識をもって、今は何を何のためにしているのか、今月は何を完成させて行くのかなど、今自分にある課題を明確にして、1つ1つの課題をクリアしていくことが合格への一番の近道だと思います。勉強していくうえで、勉強がつらくなり休みたいと思うことがあると思います。そうなってしまったときに休むこともいいと思いますが、合格している人はそう言った休みが少ないのだと思います。また、自分は部活動を7月までやっていました。勉強の遅れが心配になっている人も多いと思いますが、引退後に死ぬ気で勉強すれば問題ないと思います。受験勉強を、しているときは勉強以外のことを考えずに勉強に専念すると、成績はすぐに伸びると思います。周りで支えてくれる人に感謝をして、頑張ってください。 東進の活用法については、言いなりにならずに自分に必要なことを、その時その時やっていくうえでの一つの参考書のように考えるといいと思います。東進は良くも悪くも自由度の高い学習塾です。怠ける人はどんどん成績は落ちていくし、しっかりとやる人はどんどん伸びていきます。つまり、自己管理が大切ということです。自分でやろうと思ってやったことのほうがやらされてやるよりも間違いなく習得は早いので、自分でやることを決めていけると東進のコンテンツによって成績は自然と伸びていくと思います。迷ったときには担任助手などに相談すれば、解決してくれると思うので、抱え込まずに合格を目指して頑張ってください。応援してます。 自分は将来建築士になり、人々が共存していける空間を作っていきたいと思います。

慶應義塾大学
経済学部
経済学科

石川真菜 さん

(厚木高等学校)

2021年 現役合格
経済学部
私が経済系の学部に進学したいと思ったきっかけは東進のイベントでした。それ以前はなんとなく理系に進学したいと思っていましたが、あまりピンとくる学部はなかったためはっきりと志望校や学部が決まらず、どの科目に力を入れていいのかわかりませんでした。しかし東進のイベントで経済系の学部に通う大学生の方の話を聞きいたことで、興味を持ち始めました。このように様々な大学に通う大学生の方の話をきけるチャンスがあるのが東進の良いところだと思いました。 私は高速マスターや受講を期限ギリギリに終わらせるのではなく、かなり早めに終わらせて復習することを意識して、日々の学習をしていました。私は長期的な目標をたてるのは苦手でしたが、東進の計画をたてるシステムやグループミーティングに毎週参加することで月や週ごとの目標をたてていました。 3年生になり段々と受験が近づいてくると毎月の模試が自分の実力や理解していない部分が分かるようになりました。模試の復習も時間をかけてしっかり行いました。私は第一志望の判定がずっと悪かったのですが、第一志望の形式とは違う!!と思うことで乗り切りました。 第一志望校対策演習や単元ジャンル演習もとても役に立ちました。記述の添削は細かいところまで指摘してもらえるので、どこを直せばいいのか明確に分かります。また、第一志望校の過去問演習は10年分やりきったことが自信に繋がりました。 受験直前のメンタルについては、美味しいものをたくさん食べたり適度に息抜きすることで安定させていました。あとは人と比べないで自分は自分!!と思うようにしていました。 志望校に合格したときは本当に嬉しかったので、諦めずに頑張ってよかったなと思いました。

校舎情報

厚木校

厚木校
地図
厚木市中町2-1-21
本厚木駅前ビル 3、4階 ( 地図 )

電話番号0120-104-716
(または046-297-7724)