ブログ | 東進ハイスクール 厚木校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

ブログ 

2021年 11月 25日 冬期特別招待講習 お申込み受付中!

 

こんにちは!東進ハイスクール厚木校担任助手の望月寛太です。

慶應義塾大学法学部に通っています。

 

同日体験受験があと51日まで迫ってきていますね!

皆さん準備は出来ているでしょうか?

 

まだまだ不安な個所がある。何をしていいかわからない。
そんな皆さんのために東進ハイスクールでは、冬期特別招待講習無料で受け付けています!

(対象:高2生、高1生、高0生 ※高0生とは、高校生レベルの学力を持つ意欲ある中学生。)

12月11日(土)までのお申込みで、3講座を無料で受講できます!

詳細は下のバナーから確認することが出来ます!

英語や数学を中心に様々なレベルや種類の講座を無料で受験することが可能です。きっと自分に合う講座が見つかるはず!

東進ハイスクール厚木校でお待ちしています!!

各種お申込リンクの見出し

厚木校HPをツイートする

2021年 11月 20日 低学年生の受講について

 

 

こんにちは!東進ハイスクール厚木校 担任助手1年の今村 颯大です。

今日は低学年の皆さんにフォーカスしてブログを書いていこうと思います。

このブログを読んでくれている君が、もし「まだ受験まで時間があるし大丈夫」とたかをくくっているんだとしたら、

本当にもったいないです。

新学年で良いスタートダッシュを切りたいなら、今から勉強を始めましょう!

また、12月には最終共通テスト本番レベル模試が実施されます。志望校までの距離を測るために是非活用してみてください!

各種お申込リンクの見出し

厚木校HPをツイートする

2021年 11月 10日 模試の復習について

こんにちは! 東進ハイスクール厚木校 担任助手一年の石川 拓海です。

11月になり、共通テスト本番まで残り65日となりました。受験生はもちろん、低学年生もさらなる学力向上目指して努力していきましょう!

 

11月7日(日)に全国統一高校生テストがありました。いかがだったでしょうか。

良かったこと、出来なかったこと等あると思いますが、今回の模試を今後の学習に生かしていきましょう。

模試を最大活用するには復習することが大切です!

模試を受けて、分からない問題や不安な分野があったと思います。そういったニガテ分野は普通にやっていても克服しにくいです。

「この参考書をやる!」など、具体策を持って対策に取り組んでいきましょう。

今東進では冬期特別招待講習を実施しています。

東進の映像授業を最大3講座無料で受けることが出来ます。

分野の解説・演習を行うことができるので、苦手克服に最適だと思います。

 

冬期特別招待講習については下のバナーから詳細を確認できます!

 

 

各種お申込リンクの見出し

 

厚木校HPをツイートする

 

2021年 11月 1日 全国統一高校生テストまであと1週間!

こんにちは!東進ハイスクール厚木校 担任助手1年の中村麻緒です。

11月に入ってだんだんと冷え込むようになり、冬を感じている人も多いのではないでしょうか?そう、気が付けば2021年もあと残りたった2ヶ月です!

これを機に、みなさんのこれまでの勉強を振り返ってみてください。学校が時短になっている中でも受験勉強に取り組み、夏休み中は毎日15時間勉強を目指して努力を続けてきたと思います。

今年度の共通テスト形式の東進模試はあと2回です。この2回の模試にどう取り組んでいくのかが、本番で今までの努力を出し切れるかを左右します。以前は思うように結果が出なかった人もここが頑張りどきです!

模試は今まで取り組んできた過去問や演習セットでインプットしたことを、アウトプット出来る重要な機会です。演習して培った実力を出せるように頑張っていきましょう。

本番に活かせる模試にするために、全国統一高校生テストまでの残りの時間を有意義に使いましょう!

全国統一高校生テストのお申し込みはコチラ→11月実施全国統一高校生テストお申込み

 

各種お申込リンクの見出し

 

厚木校HPをツイートする

 

2021年 10月 26日 急がば回れ

 

こんにちは!東進ハイスクール厚木校担任助手の上杉歩己です。

本日は受験生向けの内容となっています!ですが、低学年生の皆さんの今後にも大きくかかわってくることですので、一読頂けたらと思います!!

急がば回れ

知らない人はいないであろうこのことわざですが、今、まさに受験勉強で佳境を迎えようとしている皆さんに今一度思い出してほしいと思っています。

まず、このことわざは、室町時代の連歌師の宗長が詠んだ歌「もののふの矢橋の船は速けれど急がば回れ瀬田の長橋」に由来します。

京都に向かうには、琵琶湖を横断した方が早いが、比叡山から吹き降ろされる突風により転覆する船が多かったため、時間はかかっても安全な陸路を選んだ方がよいという様子を詠んだ歌です。

これを受験勉強に置き換えるとするならば、時間がないからと焦って、先へ先へと勉強を進めていくよりは、一度立ち止まってでも、自分の現状を把握して、それに対して確実なアプローチを図る方が最終的に良い結果が出るということです。

例えば、難易度の高い問題集にずっと取り掛かっていて、全く進まないのならば、一度立ち止まって基礎を見直してから取り掛かった方が結果的に効率の良い勉強になるということです。

共通テストまで本日で残り80日となりました。もちろん時間が多く残っている訳ではありませんが、無駄に焦る必要もありません。

残り時間が限られているからこそ、焦らず淡々と自分の弱点と向き合って第一志望校合格を掴み取りましょう!!