校舎の様子 | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール厚木校 校舎長 中村 健太郎

皆さん、こんにちは。東進ハイスクール厚木校校舎長の中村健太郎です。
東進ハイスクール厚木校は東進の教育理念である「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ために第一志望校合格に向けて全力で生徒指導へ取り組むチームです。生徒・スタッフ共に明るく元気があり、将来の夢・目標へ向けて協力しながら一生懸命に取り組んでいます。「厚木から世界へ」をモットーにこれからの日本を背負って立ち、世界へ羽ばたいていく気概のある生徒の皆さんの来校を心からお待ちしております。東進ハイスクール厚木校は生徒たちを全力で応援します。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

遠藤 聖也 くん 東京大学 理科Ⅰ類
神奈川県立厚木高等学校 卒 東進ハイスクール厚木校 OB
遠藤 聖也  くん 東京大学 理科Ⅰ類
担任助手として一言
大学入試の試験時間は、せいぜい十数時間です。皆さんにはまず、その十数時間で十分な力を発揮し、そして受験を通じて、励まし合える仲間や、勝負強さといった、受験を超えた一生ものの財産を手に入れてほしいです!そのために担任助手としてできる努力は惜しみません。受験を終えた後、一回り成長した皆さんが合格の喜びを勝ち取り、「ガンバってよかった」と思える瞬間を迎えることを願っています!
古木 葵 さん 明治大学 農学部 農芸化学科
私立自修館中等教育学校 卒 東進ハイスクール厚木校 OG
 古木 葵  さん 明治大学 農学部 農芸化学科
担任助手として一言
受験は長い人生の通過点です。この受験に本気で取り組み、全力で挑んでください!その結果として、社会に出て仕事を成し遂げたり、新しい事業を展開する時に、必ず大きな力となるはずです!そこで!皆さんには、この東進で「必死になって努力すること」を学んでいただき、『努力の天才』になってもらいたいです。そのために、私たち厚木校スタッフも必死になって努力し、皆さんの大きな成長に貢献していきます!共に、高校生活を駆け抜けましょう!!
竹内 紫織 さん 横浜市立大学 国際総合科学部 国際総合科学科
神奈川県立厚木高等学校 卒 東進ハイスクール厚木校 OG
竹内 紫織 さん 横浜市立大学 国際総合科学部 国際総合科学科
担任助手として一言
大学受験は人生の通過点だと思います。将来なりたい自分になるためのステップです!!厚木校では、将来の夢や目標に向かって、最大の努力ができる環境が揃っています。勉強することを億劫に感じている皆さんは、厚木校に顔を出してみてください!きっと勉強したい!という気持ちになると思います。勉強が大好きな子はもちろん大歓迎です!東進で素敵な仲間たちと一緒に、未来の自分のために人生最大の努力をしてみませんか?厚木校で待っています!

→もっと見る

力竹 直篤 くん 
力竹 直篤 くん
担任助手として一言
厚木校は明るく元気で活発な校舎です!毎日たくさんの生徒が登校し、日々頑張っています。「頑張りたい」というあなたを私達は全力でサポートします。東進で自分の夢への第一歩を踏み出そう!厚木校で待ってます!
北川 修平 くん 
北川 修平 くん
担任助手として一言
こんにちは!担任助手の北川です。いきなりですが、みなさん、今本気で勉強できていますか?厚木校は生徒とスタッフの距離が近く、スタッフ全員が生徒一人一人と全力で向き合っているのが特徴です。ぜひ一度、この雰囲気を体験しに来てください。
内田 篤志 くん 
内田 篤志 くん
担任助手として一言
大学受験は自分の人生を大きく左右する一大イベントです!この時期に必死で勉強することは、将来、大きな財産となるでしょう。将来の夢・目標に向かって全力で頑張っていきましょう!
澤村 愛 さん 
澤村 愛 さん
担任助手として一言
厚木校は生徒とスタッフの距離が近く、活気のある校舎です。
私も高校生のときは多くのスタッフと話すことでモチベーションを高めていました!
そんな厚木校でぜひ一緒に本気で受験勉強をしていきませんか?厚木校でお待ちしています!
鬼海 弘也 くん 
鬼海 弘也 くん
担任助手として一言
厚木校の生徒は部活や学校行事を楽しむばかりでなく、勉強も楽しく、本気で取り組んでいます。
勉強と勉強以外のことを本気で出来る環境が厚木校にはあります。
ぜひ、厚木校で一緒に努力しましょう!校舎で待っています!
長谷川 元気 くん 
長谷川 元気 くん
担任助手として一言
厚木校はとても明るい校舎です!我々スタッフ一同はもちろんのこと、生徒たちも明るく、イキイキと勉強しています。明るくも真面目に学習できるこの校舎で、熱く未来に向かって努力してみませんか?ぜひ校舎にいらしてください!

校舎イベント紹介

グループ面談

グループ面談

厚木校では毎週グループ面談を行っています。志望校、受験科目などを基に生徒3〜5人で編成されているグループ面談では、志望校合格までの年間スケジュールを基に一週間の学習スケジュールを立てます。週間予定シートに東進の授業・予習・復習の予定、音読の予定といった一週間の努力の量を記入していきます。受験勉強の先輩である担任助手の指導のもと、ライバルたちと共に互いに切磋琢磨しあい、実力を伸ばしていきます。

特別公開授業

特別公開授業

年に数回行われている特別公開授業では、いつもt-PODで授業をしている講師が直接校舎に登場し、授業を行います。東進に通っていない生徒に参加してもらい、東進のことを知ってもらったり、受験勉強へのやる気を高めてもらうためのイベントでもあります。「効果的な音読の方法」「数学的思考法」「難関大への化学」など毎回テーマを設定しており、出席した生徒からは「やる気が上がった」「嫌いだった英語が好きになった」など感想を聞くことができるなど、とても熱気溢れるイベントです。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

weekly過去問演習

weekly過去問演習

厚木校では、9月〜翌年1月の毎週日曜日、自習室に集まって自分の第一志望の過去問演習をしています。これは自分の志望校の過去問を10年分解くことで、過去問の傾向、解く上での時間配分に慣れるためです。通常自分で過去問演習をすると、『10年分を解くことが出来ない』、『自習感覚で過去問を解いてしまう』などの声がありますが、週一回、スタッフが巡回する中、生徒全員で解くことで、『確実に10年分の過去問が解け』、『本番の雰囲気に近い状態で過去問に臨め』ます。志望校合格のため、過去問をやり尽くしましょう!