校舎の様子 | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

校舎の様子

校舎長の言葉

東進ハイスクール厚木校 校舎長 中村 健太郎

皆さん、こんにちは。東進ハイスクール厚木校校舎長の中村健太郎です。
東進ハイスクール厚木校は東進の教育理念である「独立自尊の社会・世界に貢献する人財を育成する」ために第一志望校合格に向けて全力で生徒指導へ取り組むチームです。生徒・スタッフ共に明るく元気があり、将来の夢・目標へ向けて協力しながら一生懸命に取り組んでいます。「厚木から世界へ」をモットーにこれからの日本を背負って立ち、世界へ羽ばたいていく気概のある生徒の皆さんの来校を心からお待ちしております。東進ハイスクール厚木校は生徒たちを全力で応援します。

厚木校は、小田急線本厚木駅北口駅前という毎日でも通いやすい場所に位置しています。
校舎目標である「厚木校に関わる人々を救い、社会に貢献する人財を育成する、人財になる」をスタッフ一人ひとりが実践することで、生徒の皆さんが志望校合格にとどまらず、夢を実現し社会で活躍できる人財となることを目標としています。生徒全員が家のように親しめる明るい校舎環境、本気で勉強に集中できる学習環境を整えています。そのため、毎日登校をする生徒も非常に多く、とても活気のある校舎です。

校舎の様子校舎の様子校舎の様子

担任助手の紹介

加々宮 崇 くん 東京工業大学 第7類
神奈川県立厚木高校 卒 東進ハイスクール厚木校 OB
担任助手として一言
厚木校はスタッフと生徒との距離が近く、明るい雰囲気の校舎です。生徒も校舎で日々勉強しており、集中できる環境が整っています。
大学受験はみなさんにとって大きな壁だと思いますが、本気で挑戦していってもらいたいと思います。
そのために、私達も全力でサポートしていきます。
厚木校では、夢や目標に向かって頑張る生徒を応援しています。
巣山 大地 くん 早稲田大学 基幹理工学部
神奈川県立厚木高校 卒 東進ハイスクール厚木校 OB
担任助手として一言
皆様には受験勉強を通して学力はもちろんのこと、他にも様々な力を身につけていただきたいと思っています!それは粘り強さであったり計画力であったり人により異なりますが、これからの人生で大きな力になるはずです。
厚木校では大学受験、そして自らの夢に向かって日々多くの生徒が勉強しています。スタッフ一同、生徒のためには努力を惜しみません。厚木校でぜひスタートを切ってみませんか?校舎にて皆様の来校をお待ちしています!
一條 真依子 さん 法政大学 社会学部
神奈川県立厚木高校 卒 東進ハイスクール厚木校 OG
担任助手として一言
厚木校は、明るく活発で大学受験に対して熱意を持った意識の高い生徒が集まっている校舎です。
大学受験は、長い人生の一部に過ぎませんが、その踏み出す道によって将来は大きく変わります。厚木校の生徒は、自分の将来に向かって日々勉強に励んでいます。
そのような厚木校で、受験への第一歩を踏み出してみませんか?私たちスタッフもみなさんの志望校合格に向けて全力でサポートします。
みなさまの来校を、心よりお待ちしています!

→もっと見る

遠藤 将貴 くん 慶應義塾大学 経済学部
神奈川県立厚木高校 卒 東進ハイスクール厚木校 OB
担任助手として一言
皆さんは「大学入試」にどのようなイメージを持っていますか?私は未来を変えるチャンスだと思います。
入試会場では受験生全員が平等です。
大学から与えられた問題を解ければ合格します。その出来具合で進路が決まり、なりたい自分に近付けるかもしれない。こんな幸せなことは案外稀なことです。
あなたが高校生の頃に当たり前に頑張れば、そこにあなたの未来は開けます。
さあ、東進で私たちと一緒に頑張りましょう。
小川 莉奈 さん 北里大学 医療衛生学部
神奈川県立厚木高校 卒 東進ハイスクール厚木校 OG
担任助手として一言
受験も頑張りたいけど、部活や行事も楽しみたい!両立したい!という人、勉強に専念して難関大を目指したい人、応援します!
大変だからといって諦めるなんてもったいない!しっかりと目標を持って、自分のやりたいことを全力でやりきった人が、合格を手にし、人として一周りも二周りも成長できる、と私は思います。
厚木校には、そんな何事にも全力で挑む熱い生徒、担任助手がいます。そして、時間を上手く使って効率よく勉強するシステムと、仲間と切磋琢磨することができる環境が整っています。
皆さんも一緒に東進で頑張ってみませんか?厚木校で待っています!

校舎イベント紹介

グループ面談

グループ面談

厚木校では毎週グループ面談を行っています。志望校、受験科目などを基に生徒3〜5人で編成されているグループ面談では、志望校合格までの年間スケジュールを基に一週間の学習スケジュールを立てます。週間予定シートに東進の授業・予習・復習の予定、音読の予定といった一週間の努力の量を記入していきます。受験勉強の先輩である担任助手の指導のもと、ライバルたちと共に互いに切磋琢磨しあい、実力を伸ばしていきます。

特別公開授業

特別公開授業

年に数回行われている特別公開授業では、いつもt-PODで授業をしている講師が直接校舎に登場し、授業を行います。東進に通っていない生徒に参加してもらい、東進のことを知ってもらったり、受験勉強へのやる気を高めてもらうためのイベントでもあります。「効果的な音読の方法」「数学的思考法」「難関大への化学」など毎回テーマを設定しており、出席した生徒からは「やる気が上がった」「嫌いだった英語が好きになった」など感想を聞くことができるなど、とても熱気溢れるイベントです。

※t-PODとは、toshin-Preparatory school On Demandの略。単に映像授業を受講できるというだけでなく、合格するために必要な東進の全コンテンツ(授業・確認テスト・修了判定テスト・高速基礎マスター講座など)を活用できる最先端の教育システム。

weekly過去問演習

weekly過去問演習

厚木校では、9月〜翌年1月の毎週日曜日、自習室に集まって自分の第一志望の過去問演習をしています。これは自分の志望校の過去問を10年分解くことで、過去問の傾向、解く上での時間配分に慣れるためです。通常自分で過去問演習をすると、『10年分を解くことが出来ない』、『自習感覚で過去問を解いてしまう』などの声がありますが、週一回、スタッフが巡回する中、生徒全員で解くことで、『確実に10年分の過去問が解け』、『本番の雰囲気に近い状態で過去問に臨め』ます。志望校合格のため、過去問をやり尽くしましょう!