September! | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2012年 9月 10日 September!

閉館後の校舎からこんばんは。厚木校担任助手の鬼海です。
生徒はそろそろ文化祭・体育祭等のイベントが始まったり、終わったりしているころですね。

さて、9月は夏休みに比べて、勉強時間が少なくなりがちな時期でもあるように思われます。
受験生にとって、「今」しか出来ない最後の体育祭・文化祭は本気でやるべきでしょう。
しかし、この時期の勉強というのももちろん、「今」しか出来ない貴重な時期です。
イベントが真っ只中な生徒も、終了した生徒も、限られた時間だとしても本気で勉強するよう厚木校は努めたいと思います。

それでは、9月も上旬が終わろうとしていますが、どのようなことをすべきでしょうか。
それは、厚木校の生徒は面談で毎回言われているとおり、「過去問演習」です。
夏休みにすべきことがまだ終わっていない生徒、基礎が固まっていない生徒、講座修了判定テストが終わっていない生徒は少しでも早く修了するようにしましょう。
また、これらがまだ終わっていない生徒も、まずは第一志望の「1年目」を解く事を勧めます。
今やってもまだ敵わないという気持ちはものすごく分かります。
しかし、「現在の点数」ばかりを重視するよりは、むしろ「演習を生かして、どう対策するか」が重要です。もちろん、例外はあると思います。
今の段階でとれる点数は、おそらく皆そう変わりません。
【インプット】を中心にやってきた夏休みのみでは、合格点には届くことは少し難しいでしょう。
夏休みに本気で頑張った分は、夏以降に結果としてついてきます。
演習を重ねることで、【アウトプット力】をつけていきましょう。
また、過去問を解く事で気づいた、自分の弱点や、対策すれば得点になる部分を見出すといった分析も行うようにしましょう。
これは、個人的な意見ですが、これから多くの過去問を解く上で、過去問用記録メモ帳なるものを用意することをオススメします。
多くの大学、多くの学部を演習することで、「自分が何年分やったか」や「ここをこうすれば次、解けるかも」というような記録を残すことで、出来なかったことを次に生かすことが出来ると思います。
よかったらぜひやってみてください。

最後に確認です。9月中に最低、1年分の過去問を解きましょう!
過去問のことで相談があれば、厚木校担任助手はいつでも相談にのります!(‘o’)
がんばっていきましょーーーーー。