音読のすすめ | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

ブログ

2013年 5月 20日 音読のすすめ

こんばんは、杉山です。

 

みなさん、テストが近いことと思います。

厚木校に通う多くの生徒は明日からではないでしょうか。

 

テスト勉強をはじめとして、暗記物をどういう形で覚えていますか?

書いて覚える派、見て覚える派、読んで覚える派など、多くの方法に分かれると思います。

そこで、私が特にオススメしたいのが、音読して覚えることです!!

 

 

音読することによって、様々な体の器官を効果的に使って覚えることが出来ます。

どうせ覚えるなら、短期間にぎっしり情報を覚えていきたいですよね?

書いて覚える派だと、目と手しか使いません。見て覚える派は目だけです。

効率よく暗記をしたいのなら、より多くの器官に情報を送り込むことです。

音読は、目を使って対象を見て、口を使って発声し、耳でその声を聞き取るという、3つの器官を使って行います。

 

英語の単語や長文はもちろんのこと、教科書を声に出して読んでみることで、頭の中で整理されます。

ぜひ、音読を使って学習を進めてみてください。