模試の復習方法 | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

ブログ

2013年 8月 26日 模試の復習方法

 

 

こんにちは、巣山です。

昨日は「センター試験本番レベル模試」でしたね。お疲れ様です!

 

ところでよく学校の先生に

「模試の復習は絶対やったほうが良い!」

なんて言われていませんか?

 

「え?模試なんてただの実力テストっしょ」

「復習とか面倒なんで…」

なんて思っている人も多いでしょう。

 

そこで今回は、

模試復習をすべき理由

効果的な復習方法

の2つについて話をしたいと思います!

 

 

まずは模試復習の意義から…

 

<模試復習をすべき理由>

① 二度とにたような問題でミスをしない

模試の問題には「エッセンス」が詰まっている

 

 

① は正直誰でも分かっていることだと思います。

 

②が大事です!

センター試験は少ない問題数で生徒の理解度を測る必要があるので、

問題の中にはエッセンス、つまり問題を解くうえで最も大切な知識、技術がちりばめ

られています。

このエッセンスを模試を通して読み取ってほしいです!!!

 

<具体的な復習方法>

基本的に使うもの…問題冊子、解答冊子、解説授業、ノート

 

 

① 大問ごとに自己採点をする

自分はどの分野が苦手なのかを明確にする

 

②優先順位をつける

各分野の「苦手の度合い」に応じて復習方法を工夫すれば

復習を効率的にできる。

A,習ってない、習ったが全くわからない(優先順位…激高)

 この段階では解きなおしをしてもあまり意味がないです。テキストなどで理解を深めたあとに解き直し!

 

B,ある程度までは解けるが最後まで解ききれない(優先順位…高)

 解説冊子を見ながら解説授業を受ける

 ⇒解き直し

 

C,満点(どや顔)(優先順位…低)

解説を熟読し、完全に理解する。(更なる理解を得たい人は解説授業)

 

Aには十分な時間をかけてほしいで、C⇒B⇒Aの順でやることをオススメします。

 

 

 

<最後に>

 

模試の復習では「全力で悔しがってください」

 

「あ~!そうやって解くのか~!」

「この単語ってこういう使い方するのか…!」

 

悔しいとき、恥ずかしいときの記憶は頭に残ります。

授業中先生に単語の意味を聞かれたが答えられず、恥ずかしい思いをした経験はありませ

んか?

その時の単語って今でも(その恥ずかしい記憶とともに)頭に残っていたりしますよね。

本番で悔しい思いをしないためにも、

今この時期に悔やみまくってください。

 

失敗から多くのことを学んで、本番で笑いましょう!