新学年に向けて。 | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2013年 3月 29日 新学年に向けて。

 

こんにちは!

厚木校担任助手の岩辺駿です。

 

 

 

みなさん、春休みいかがお過ごしでしょうか!?

春休みも終盤ですね。

 

新学期に向けた準備はできているでしょうか??

 

新高3生は、受験生という自覚を持って、受験勉強を進められましたでしょうか??

 

今回は、自分なりの受験勉強の方法について大まかに話したいと思っています。

 

まず、分かっているとは思いますが、受験勉強は時間との勝負です。

限られた時間の中でいかに効率よく学力を上げるかにかかっています。

 

1つの例ですが、

 

2014年度のセンター試験まであとどのくらいの時間があると思いますか?

 

 

 

正解は、あと294日です。

 

あと294日で国立志望の方は、合格ラインの得点を取れるように実力をつけなければなりません。

 

まだまだ時間あるじゃん!と思った方、

それは、大きな間違いです。

 

あと294日とは言っても、

例えば、国立理系志望の方は、国、数、英、理科2科目、社会を利用する方が多いと思います。

そうなると、あと294日で6教科を仕上げることになります。

 

つまり、1教科に使える時間を考えると、

 

  294(日)  ÷  6(教科)  =  49(日)

 

49日です。

しかも、国立志望の方はもちろん二次試験の対策もしなければなりません。

 

そう考えると、時間は十分にあるとはいえないはずです。

 

そこで考えなければならないのは、効率です。

自分は、効率を上げるには、選択と集中が大切であると思っています。

 

時間が無いからこそ、

常に自分のやるべきことを考えて、優先順位をつけてそれを集中的にやることが必要です。

 

例えば、

模試などでできなかった所を分析し、その箇所の実力を伸ばすために参考書の該当箇所を2周やりこむ。

 

といった感じです。

 

やり方は各々あるとは思いますが、少し参考にしてみてください。