効果的な過去問演習法!!! | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2013年 8月 9日 効果的な過去問演習法!!!

 

こんばんは。厚木校校舎より鬼海です。

受験生はそろそろ夏休みの過ごし方に慣れてきたでしょうか??

受験の天王山、高3の夏は二度とはありません。

一日、一分、一秒を大切に努力していきましょう!!

 

今回は、TOSHIN TIMES 8月1日号より、

『効果的な過去問演習法』をHPでも伝授したいと思います!

 

☆まず、過去問とは何か???

→各大学、各学部では、入学試験を課すことでその理念にあった人物を選ぶ。

つまり、過去問とは、「大学で学ぶに値するだけの能力・思考力を有するか否か」を見極めるために出題された過去の試験ということになります。

☆過去問を解く目的とは???

→一つの目的として「自分の弱点を知る」というのがあります。

中には、点数を取れる力がつくまで過去問に手を出せない、、、というように考える人もいます。

しかしながら、「過去問で点数を取ること」だけが目的ではありません。

それよりも、『本番』で合格点よりも一点でも高い点数を取ることの方が重要です。

 

ですので、最初は、過去問で点数がとれなくても全く構わないので、まず「相手」を知りましょう。

そこから、対策が始まります!!!

苦手なところ、弱点などがたっっくさんあぶり出されると思います。

そこを優先的に復習していくことで、点数は確実に伸びていきます!!!

 

【インプット】と【アウトプット】

 

これが重要です。

9月以降は【アウトプット】に重きが置かれていきます。

それを行う大大大大大前提としての『基礎』があります。

夏休みの間に【インプット】の徹底を図りましょう!!!

もちろん、9月以降も弱点の克服や演習のための講座も出来ます!

学力を高める秘訣は、、

①基礎・基本の徹底、概念理解の形成

②問題演習、模試の受験

③合格指導面談、グループ面談

です。

 

その中で過去問演習が、第一志望合格のカギです。

厚木校一丸となって人生最大の努力をしましょう!!!

 

じゃあ、いつやるのか、、、、、、、、、、、、もちろん、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

招待講習もまだまだ受付中です。

1,2年生の招待講習の申込みの方はコチラをクリックください。