今後の模試の受け方 | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2012年 9月 25日 今後の模試の受け方

こんにちは!厚木校担任助手の内田篤志です。最近、気温の変化が大きいので、体調管理には気をつけてください!

さて、本日は、特に高校3年生に関係する内容ですが、今後の模試の受け方について書きたいと思います。9月から様々な予備校で多くの模試が行われると思います。東進でも全国統一高校生テスト10月28日センター試験本番レベル模試12月23日難関大・有名大本番レベル模試11月18日に行われます。また、他予備校の模試を学校で一斉に受けたり、個別で受けたりなど、平均して1ヶ月に1,2回は模試を受けることと思います。本番と同様の緊張感を味わえるなど、模試を受けるメリットはたくさんあります。しかし、国公立二次・私大の過去問演習などがあり、ただでさえ時間がないこの時期に、模試を受け過ぎることにより一つ一つの模試に臨む態度やその復習がおろそかになるということが起こり得ます。そのような状態では、いくら模試を受けても効果はほとんどないと思います。したがって、自分が模試に向けて準備ができて、かつ、復習までしっかりできるようなスケジュールで模試を受けるのが望ましいと思います。

また、模試を受けると、A判定、C判定などの結果が出ると思いますが、一喜一憂しないことが大切です。自分の現状を冷静に分析して、今何をすべきなのかを考えるべきだと思います。

夏休みが終わり、まとまった勉強時間が確保できない今こそ、効率よく勉強すること・優先順位をつけて必要なものから勉強することが非常に重要です。この秋は効率的に勉強することをオススメします!