お祭りへ行こう!-大学祭のススメ | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

校舎からのお知らせ

2013年 11月 19日 お祭りへ行こう!-大学祭のススメ

こんにちは!

いよいよこたつの恋しい季節となりました。

東進ハイスクール、厚木校の遠藤と申します!

 

さて、今週末には、僕の通う大学で一大イベントがあります!

 

なんでしょうか?

 

なんでしょうか??

 

 

 

 

 

答えは、そう!

 

 

 

東京大学 駒場祭です!!

(写真はマスコットの「こまっけろ」。駒場祭限定販売のぬいぐるみには、毎年長蛇の列ができるのです。)

 

東大だけでなく、今週末には様々な大学の学園祭があります!

一例としては、

慶応大学 三田祭

明治大学 生明祭

東京理科大学 理大祭

 

などです!

(この時期は学園祭シーズン!自分の気になる大学をチェックだ!)

 

 

学園祭は、普段知ることのできない、大学の様子を知ることのできるチャンス!

高校生が見て楽しめる企画もたくさん用意されています。

 

今日は、大学生の視点から、「学園祭を100%楽しむためのポイント」を3点伝授します。

これを読んで、大学祭を楽しみつくし、気になる大学についてバッチリ知っておきましょう!!

 

①早めに家を出よう!

大学祭には企画が盛りだくさん! それはそれは一日では回りきれないくらいであります。

だから、朝のうちから大学を訪れ、丸一日大学祭を満喫しましょう!

 

当たり前ですが、大学への行き方は事前に調べておきましょうね。

 

②大学に着いたら、パンフレットを手に入れよう。

大学って、めちゃくちゃ広いんです

校舎が20も30もあり、敷地も東京ドーム何個分かは優にあります。

 

そんな中に200くらいの出し物が散在していますので、パンフレットがないとまともに楽しめません……

 

多くの場合、受付でパンフレットを配布しておりますので、受け取って、楽しそうな企画をチェックしておくと、有意義な大学祭になるはずです(^O^)/

 

③模擬店だけじゃもったいない!

大学祭と聞いて、まず先に思い浮かぶのはタコ焼き、お好み焼きなどの模擬店です!

ですが、学園祭の真髄はそんなものではありません……

 

せっかく大学に行ったのですから、大学のことが分かる出し物を

楽しんでやろうじゃありませんか!!

たとえば、東京大学の学園祭では、大学の先生が高校生向けに研究内容を説明してくれる「模擬授業」や、「地文研究会天文部」の特大プラネタリウム(上写真。これはガチですごいっ!)、ロボット研究会のロボットショーなどが毎年人気を博しております。

学園祭では、楽しく学べる企画が盛りだくさんです! パンフレットを手に入れたら、そういった企画を探してみましょう!

 

また、大学生による大学紹介を行っている大学もあります。

ちょうど4年前、東大の駒場祭の「大学紹介企画」にて初めて東大の学生に出会い、大きな刺激を受けたことを覚えています。

(何かの縁あって、今では僕がその大学紹介企画のスタッフを務めております、というのはまた別の話。)

 

現役の大学生と話す機会があれば、積極的に活用しましょう!

 

 

以上です!

それでは、体調に気をつけて、存分に学園祭を楽しんでくださいね!

 

なお、現在厚木校では、冬期招待講習を受け付けております。

 

下の画像をクリックすれば冬期特別招待講習にお申込いただけます☆

 

 

東進ハイスクール厚木校 遠藤聖也