ブログ | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

ブログ 

2012年 10月 18日 全国統一高校生テスト

みなさん、こんにちは!東進ハイスクール厚木校担任助手の長谷川です。

 

とうとう10日後にはあるイベントが迫ってきましたね!

そうです!全国統一高校生テストです!

 

92日後にはセンター試験本番です。

この模試で3年生は夏からの努力をしっかりとだし、実力を確かめていきたいところ。

1,2年生は3年生も交えての大きな模試、どこまでできるのか挑戦したいところです。

しっかりと苦手分野などを復習して、ホンキで臨みましょう!

まだ申し込みをしていない生徒はこちらから申込を!

 

 

2012年 10月 17日 毎日を丁寧に!

こんにちは!東進ハイスクール厚木校、澤村です。

ついにセンター試験まであと100日を切りましたね!

残り93日。ここからは一日一日が本当にあっという間に過ぎて行きます。

今まで以上に毎日の密度を濃くし、あっという間に時間が過ぎていた…ということをなくしていきましょう。

 

これからは残された時間をいかに上手く使うかが非常に重要です。

ただがむしゃらに目の前の勉強に打ち込むのではなく、今から自分が志望校へ合格するには何が必要なのか、ということを自分の頭で考えながら勉強に励んでください。

 

受験までの全体像を見据えることは難しいですが、それができる人にこそ合格はやってきます。

 

また、東進では10月28日全国統一高校生テストを実施します!

今自分が苦手なところを発見し、分析し、次につなげていきましょう。

お申し込みはこちらからどうぞ!

2012年 10月 16日 河合先生公開授業

こんにちは!厚木校担任助手の内田篤志です!今日は東進ハイスクール厚木校で行われるイベントについてお知らせします。

11月5日(月)に数学の河合先生による特別公開授業が行われます。以下、詳細です。

 

河合正人のセンター必要十分条件(完全)攻略

会場:東進ハイスクール厚木校

日時:11月5日(月)19:30~21:30

対象:高2生,高1生

内容:センター必要十分条件(完全)攻略(数学)

 

今回の内容は、必要十分条件です。毎年、センター試験の数学Ⅰ・Aの10点分がこの範囲から出題されています。さらに、この必要十分条件という分野は数学を得意とする人でも苦戦しやすいので、この分野を得点源にできれば、ライバルとの差を格段につけられます!また、この分野は一度理解してしまえば安定して高得点を取れるところでもあるので、今回の特別公開授業で必要十分条件を攻略してほしいです!

また、このイベントに先立って、10月28日(日)に全国統一高校生テストというセンター試験の本番レベルの模試が行われます。この模試は、全学年共通の問題を解きます。もし、この模試を受けて、数学Ⅰ・Aの必要十分条件の範囲ができなかった方は、特に、この機会に克服したいですね!

 

特別公開授業のお申込み方法は

①厚木校校舎窓口へ

②ウェブ(こちら)

③電話0120-104-716

 

全国統一高校生テストのお申込みはこちらまで!

 

一人でも多くの方の参加をお待ちしています!

2012年 10月 15日 過去問の解き方

みなさん、こんにちは!

厚木校担任助手の宮澤です(^○^)

今日は題名にもあるように、過去問の解き方について書きたいと思います!

受験生のみなさんは最近過去問を解く時間が以前より増えたと思います。

みなさんはどのように過去問を解いていますか??

過去問を解いて、採点をしてみて、ショックを受ける、思ったよりも解けて喜ぶなど、様々なことを思うと思います。

そして、そのままで終わりにしていませんか??

採点をして解説を読んで復習をすることも大切です。

ですが、そのあとに自己分析をすることが本当に大切です!

模試の後にも自己分析しますよね?それと同じような感じです!

自分がどこが解けたのか、どこが解けなかったのか、そして解けなかったらどうして解けなかったのか、どうすれば解けるようになるのかというのを考えてみてください。

そうやって自分の出来なかったところを考え、対策をしてみましょう!

志望校はそうやって対策をすることによって合格率がぐんと上がります。

しっかりと自己分析をしながら勉強していきましょう(^^)

そして厚木校では11月5日河合先生の公開授業が行われます。

今回は「センター必要十分条件(完全)攻略」です!

どんな先生かわからない人はこちらへ!

興味がある方は厚木校(0120-104-716)へご連絡ください。

みなさんのご参加をお待ちしております!!

 

 

2012年 10月 14日 授業の受け方!

こんにちは!遠藤です。 

 

今回は、学校の授業の受け方について紹介します。

受け方ひとつで、一日5コマ6コマの授業が活きるかどうか決まってきます。

ここでは、みなさんが学校の授業で大成功を収めるための方法論をご紹介します!

早速試してみてください。 

○予習は軽くでよい!そのかわり、授業は心して受ける。

 まったく知らないことを独力で勉強するのはたいへん。それよりも、学校の先生の授業を集中して受けたほうが良いです。寝るなんてもってのほか。必死で説明に食らいつきましょう!

 

○ノートは手早く、簡潔に。

 後で見返すためにノートを取っているのです。あまりにも手の込んだ色使いをして無下に時間を使ったり、汚すぎて読めないようなノートを作ってはいけません。

 赤黒の2色で、文頭を揃えることが大事。「ノート 取り方」で検索すると、たくさんの有益な情報が見られることでしょう。

 

○ノートには板書以外の情報も書き込もう

 板書だけ書いて、後で復習したときに、「あれ、これどういう意味だっけ?」と分からなくなったことはありませんか?授業を受けているときは先生の説明があるから分かるけど、復習のときはそれがないからイマイチ分かりにくい。先生が口頭でした説明も適当に書いていくとよいでしょう。

 

○復習は必ずやろう!30分~1時間が目安。

 復習は大事です。復習しなければ、頑張って聞いた授業もほとんど忘れてしまい、テスト前になってあわてて思い出す、という羽目に。これでは高得点は取れませんし。

 例として自分のやっていた数学の復習のやり方を紹介します。まず、ノートの中で、今日先生が説明した例題を何も見ずに解いてみる。答え方がわかればOK。分からなければ、ノートを見返しながら解きなおしてみましょう。

 

以上です!学校の授業と侮るなかれ。皆さんは1日におよそ300分以上も授業を受けている計算になるでしょう。この勉強時間を有効に活用できるかどうかで、大学入試の成否も変わってくるのです。1を聞いて10を知るような勉強ができたらよいですね。

 

さあ、近い将来、「やってて良かった」と思えるような勉強をしましょう。

もしもっともっと多くの勉強法が聴きたくなったら、東進にお越しください。

経験豊かなスタッフたちが、みなさんの学びを全力でサポートします。

 

 

厚木校スタッフ 遠藤