ブログ | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

ブログ 

2012年 9月 26日 苦手なところ・・・

みなさんこんにちは。厚木校担任助手の竹内です(*^_^*)

9月があっという間に過ぎ去り、もうすぐ10月ですね。

センター試験まで残すところ3か月と少し・・・といったところでしょうか。

 

 

3か月、と聞いてやばいっと思った人、3か月あれば余裕だと思った人、それぞれだと思いますが前者の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。。。

なぜ、前者の方が多いのか、答えは単純明快ですね。各科目において不安要素がまだ残っていてテストに対して自信が持てないからではないですか?(..)

 

 

自信が持てない、不安要素がある、このようなことは一見聞くとマイナス要素に思われますが発想を変えてみましょう。

まだ伸び白がたくさんあるということです。

 

わからないところ、理解できないところ、間違えたところ、こういうところが、これからの自分自身の成績を伸ばすための材料です。

宝の山です。

しっかり問題と向き合い解決していけば、今は敵だと思っている分野は、試験当日には味方になってくれています。

できないからつまらない。つまらないからやらないこれが一番よくないことです。

 

ついつい明日でいいや、来月からでいいやというように逃げ腰になってしまう気持ちもわかります。

 

しかしその不安なところやあやふやなところができるようになれば、今より模試の点数が伸びることはもちろん、苦手分野を克服したという自信から、当日の試験でも緊張せずに済みますね。

不安なところやあやふやなところを発見して、どうしてできないのかどこを解決したらできるようになるのかしっかり分析してできない問題に立ち向かって、くらいついてください。ここの踏ん張りができるかできないかで未来は大きく動きます(*^_^*)

 

 

時間は待ってくれません。進むときの中で自分自身の最大限の努力をしていきましょう。

 

 

苦手分野がいまいちわからない・・・

そんな方は10月28日に行われる、全国統一模試をしっかり受験して、今の自分に足りない力を確認しましょう。

2012年 9月 25日 今後の模試の受け方

こんにちは!厚木校担任助手の内田篤志です。最近、気温の変化が大きいので、体調管理には気をつけてください!

さて、本日は、特に高校3年生に関係する内容ですが、今後の模試の受け方について書きたいと思います。9月から様々な予備校で多くの模試が行われると思います。東進でも全国統一高校生テスト10月28日センター試験本番レベル模試12月23日難関大・有名大本番レベル模試11月18日に行われます。また、他予備校の模試を学校で一斉に受けたり、個別で受けたりなど、平均して1ヶ月に1,2回は模試を受けることと思います。本番と同様の緊張感を味わえるなど、模試を受けるメリットはたくさんあります。しかし、国公立二次・私大の過去問演習などがあり、ただでさえ時間がないこの時期に、模試を受け過ぎることにより一つ一つの模試に臨む態度やその復習がおろそかになるということが起こり得ます。そのような状態では、いくら模試を受けても効果はほとんどないと思います。したがって、自分が模試に向けて準備ができて、かつ、復習までしっかりできるようなスケジュールで模試を受けるのが望ましいと思います。

また、模試を受けると、A判定、C判定などの結果が出ると思いますが、一喜一憂しないことが大切です。自分の現状を冷静に分析して、今何をすべきなのかを考えるべきだと思います。

夏休みが終わり、まとまった勉強時間が確保できない今こそ、効率よく勉強すること・優先順位をつけて必要なものから勉強することが非常に重要です。この秋は効率的に勉強することをオススメします!

2012年 9月 23日 9月も終盤!!

 

こんにちは!厚木校担任助手の岩辺です!

 

受験の天王山である夏休みも終わり、気が抜けて受験勉強をおろそかにしてはいないでしょうか??

 

受験はここからが勝負です!

 

これは去年の自分の経験からも言えることで夏休みに基礎を固め、この9月からは演習問題や過去問などより実践的なことをより多くこなしていくことで、合格をぐっと引き寄せることができます!

 

ということからも、気を抜いている暇などないことが分かるはずです。

 

また、全国統一高校生テストも10月28日に行われます。

 

それに伴い、この全国統一高校生テストの事前説明会があります。

 

【厚木校:事前説明会日程】
①10月20日(土)19時~20時
②10月25日(木)20時~21時
③10月26日(金)20時~21時
④10月27日(土)19時~20時

詳しいことは9/17の記事をご参照ください。

 

 

 

 

 

 

2012年 9月 20日 9月も半ば!

みなさんこんにちは!9月も半ばになり、学校の楽しいイベント、文化祭などもそろそろ終わるころでしょうか?

 イベントが楽しいことはわかります。準備も含め、忙しいながら完成させる文化祭などはとても感動します。

ですが、終わってからもイベント気分でいませんか?勉強に全然手がつかない、家に帰ったらだらだらして寝てしまうという自覚症状のある方、それではよくないですよね。

3年生はあと120日ほどでセンター本番、1,2年生は来年、再来年には受験生です。

1,2年生、10月が始まる前から勉強のスタートダッシュをしましょう。イベント楽しかった・・・、3年になってから・・・、引退してから・・・、という気持ちを切り替えて勉強も部活もイベントも全部やりこなせる人間になりましょう!

 その始めとして10月28日に全国統一高校生テストがあります!これを機にいいスタートをきりましょう。

そして、高1,2生は全国統一高校生テストの事前説明会があります。

参加必須です!

 【厚木校:事前説明会日程】
①10月20日(土)19時~20時
②10月25日(木)20時~21時
③10月26日(金)20時~21時
④10月27日(土)19時~20時

詳しいことは9/17の記事をご参照ください。

2012年 9月 17日 継続は力なり。

こんにちは!厚木校担任助手の澤村です。

長かった大学初の夏休みもそろそろ終わり、来週からはいよいよ後期の授業がスタートします。

現在履修登録した授業の抽選結果を待っているところなのですが…ドキドキです、ほんとーに。笑

 

さて、今日はタイトルにもあるように継続の重要性についてお話したいと思います。

 

最近生徒から「社会科目の点数が上がらないんですけど…どうすればいいですか?」という相談をよく受けるようになりました。

力を入れて勉強している科目がなかなか伸びないとき、不安になるのは当然なことですよね。

「社会科目はやれば伸びる!」というのはよく聞く話ですが、

勉強した分野がそのまま試験に出れば点数が伸びるし、そうでなければ点数は伸びません。

 

たとえば、

Aさん:試験の前に鎌倉時代を完璧にした→試験に鎌倉時代が出題された

という場合と、逆に

Bさん:試験の前に室町時代を完璧にした→試験に鎌倉時代が出題された

という場合、同じ試験を受けた2人でも試験の前に鎌倉時代を完璧にしたAさんとそうでないBさんの間に大きく得点の差が生まれることが予想されます。

試験前に勉強したところがそのまま出題されれば点数が上がるのは当然です。

この時期に点数が安定せず、上がったり下がったりするのはこういうことなんですね。

だから一回の試験で一喜一憂せずに自分が分かる範囲を繰り返し勉強することによって広げていくことが、社会科目は特に重要になってきます。

全範囲をまんべんなく勉強し全体像が理解できるようになったころ、この点数のバラつきはだんだんとなくなってきますよ(*^^)

 

安心してください、今皆さんがやっている勉強は確実に皆さんの力になっています。

あとはそれが一本の線としてつながるまで繰り返すのみ!

自分を信じて頑張ってくださいね(^^)

 

また、東進では10月28日【全国統一高校生テスト】(センター試験本番レベル・形式の模試)を実施します!

1年生の申し込みは⇒”ココ” (会場:厚木校)

2年生の申し込みは⇒”ココ” (会場:厚木校)

3年生の申し込みは⇒”ココ” (会場:神奈川工科大学)

スタッフ一同たくさんの申込みをお待ちしております!

最新記事一覧

過去の記事