ブログ | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

ブログ 

2012年 8月 25日 センター本番レベル試験 ついに明日!!!!

おはようございます!

厚木校担任助手の小西です\(^^)/

さて、来る明日26日は何の日でしょうか……

 

そうです!!!!!

センター試験本番レベル模試

です。

今回の試験は夏休みの集大成です。

3年生の中には今回の模試で目標点を突破しなくては

と思っている人もたくさんいると思います。

そう思うことは大切なことです。

しかし、目標を達成できなかったときにどうするかで今後が変わってくると思います。

ただ良い点がとれた、とれなかった

で終わらせるのではなく、自分が分からなかった単語をひとつでも覚えようだとか

もっとここに時間をかければよかったなど、試験本番どうするかを

試験中も試験後も考えるような、そんな模試にしてもらいたいです。

それではあしたに備えましょう!!!!

 

2012年 8月 24日 自己採点をやろう!

こんにちは!東進ハイスクール厚木校澤村です!

センター試験本番レベル模試まであと2日。いよいよ夏の頑張りを発揮する時が迫って来ましたね!

今日は今回の模試だけに限らず全ての模試に関して、模試を受けたのことについて少し話したいと思います。

みなさんは模試を受けたあと自己採点というものを行っているでしょうか?

自己採点を行うメリットとしては主に2つあります。

メリット① 帳票が返却される前に自分の得点が分かる

まあ、これは当たり前のことですよね!当たり前のことですが、帳票が返ってくる前に自分の点数が分るとどんないいことがあるのか…それは「問題を覚えているうち(記憶が新しい)に復習ができる」ということです。帳票が返ってきてから復習しようとするとどうしても問題を忘れてしまい、一から解きなおすことになってしまって効率が悪いです。模試が終わってすぐに自己採点をして自分の点数を確認し、間違えた問題は翌日までには解決していきましょう(^○^)

メリット② 本番の自己採点の練習ができる

これはどういうことか…国公立を志望している人は本番のセンター試験で、自分の正確な点数が分かる前に二次試験の申込みをしますよね。(ちなみにセンターの成績開示が行われるのは4月以降です)そのとき、志望校最終決定の決め手になるものが自己採点の結果です。自己採点て、意外に難しいんですよ!どんなに丁寧に行っても帳票の結果と合っていないことってよくあります。そんな自己採点を本番のみで行うって怖いですよね…模試を受けるごとに自己採点をし、自己採点の精度をあげていきましょう!

それでは明日1日有意義に過ごし、明後日の模試に臨んでくださいね!

みなさんの努力が実を結びますように…♪

 

2012年 8月 23日 模試までに出来ること

こんにちは、厚木校1年担任助手の鬼海です。

今回は、皆さんがそろそろ結果を出したいと思っているセンター試験本番レベル模試が近いということもあり、問題の一部について書かせて頂こうと思います。

文系理系を問わず、極めて重要になってくるのが英語ですね。皆さんは英語の調子はいかがでしょうか。
夏休みもすでに後半ですが、英語には力を入れていることと思います。
ここで気になる1つの点として、大問1の発音アクセント問題はどうでしょうか。
今までの模試では、「まだ勉強していないから」とか「発音はニガテ」といった、いわゆる言い訳をして、なんとなくマークをしていた人もいるかもしれません。
確かに、個人的に考えても、全然できない時期があったのを覚えています。

しかしながら、実は、「発音アクセント」問題は、得点源になると考えても良い問題とも言えます。
今まで大問1で得点をとれていない人の多くは発音アクセントが苦手なのではなく、勉強していなかっただけという場合が多くあります。
発音アクセントは、他の科目ももちろんですが、やれば必ず伸びます。
また、大学受験後を見据えて、将来英語を話すことになると考えると、やはり発音アクセントは重要であると言えます。
模試まで、残りわずかですが、今からでも得点が伸びる事は十分に可能ですし、夏休み中に得意にすることもできます。
夏休みに出来る事を全てやりきりましょう!

2012年 8月 22日 センター試験本番レベル模試 本日、申込締め切り!

こんにちは!担任助手4年目の濱田です!!

本日は、8月26日に行われる【センター試験本番レベル模試】申込締切日となっております!

この模試は、その名前の通り、毎年1月に行われる「センター試験」の形式となっています。

 

<こんな方にオススメ!>

○志望校合格に向け、日々励んでいる受験生

受験生の皆さんにとって、この夏までの実力を「点数で見える化」しておくことは非常に重要です!

9月以降は、志望校の過去問を解いたり、問題演習が中心になる人が多いと思います。その前に、自分の得意な分野・苦手な分野をきちんと把握しておくことで、9月以降の勉強の方針が立てやすくなります。

模試は、「点数が出るかな・・・」と怖がらずに受けましょう!自分の実力を把握していないことの方が、よっぽど恐ろしいことなんです!!

 

○「そろそろ受験勉強を始めなきゃ!」と思い、やる気が出てきた高校1,2年生

この夏休みで、受験勉強に対してモチベーションの上がった人も沢山いると思います!本当に素晴らしいことです!

この模試は、そのやる気をさらに高めてくれるはずです。この模試で自分の実力をチェックし、スタートラインとしましょう!

「志望校合格まであと何点必要なのか?」「今の段階で、どこまで基礎が固まっているのか?」などと、模試を通じて多くの分析ができます。来年、再来年の自分をイメージしながら、本当のスタートを切りましょう!!

 

○部活や学校行事で忙しい高校1,2年生、やる気が継続しない高校1,2年生

部活やクラブ活動、学校行事などで忙しいと、どうしても勉強のことを後回しにしてしまう人も少なくないと思います。

私も、3年間部活を続けていましたので、その気持ちはよく分かります!そんな私が、本格的に勉強を始めたのは“高校2年生の冬”でしたが、この時期から始めて志望校に合格するには、相当な覚悟と努力が必要でした。

私のように、勉強時間が多くは取れない人・やる気が上がってこない人こそ、この夏の模試を活用することが重要だと痛感しています! 

 

 

少しでも気になる方は、今すぐお申込を!!

※お申込フォーム ( http://www.toshin.com/hs/event/center_pr/ )

 

 

2012年 8月 21日 8月も残りあと少し!!

みなさん、こんにちは(^^)

厚木校担任助手の宮澤です。

 

高校生のみなさんは夏休みも終わりに近づいてきましたね。

もうすでに終わってしまった人もいるとは思いますが、どのような夏休みを過ごせたでしょうか??

 

厚木校では、内部生を始め、夏期特別招待講習で来てくれた生徒たちが毎日勉強を頑張っています!

そして、その夏休み中努力した成果を出すセンター本番レベル模試8月26日(日)と迫ってきましたね!!

 

模試を迎えるにあたって、過去問は解いておくことをオススメします。

相手を知っておくことは本当に大事ですよ!

もちろん結果も大事にはなってきますが、模試をやることによって本番の試験の雰囲気に慣れたり試験の時間配分などを考えられるようになると、より試験に強くなることができると思います (*^^*)

今度のセンターではそのあたりも考えながらできるといいですね!

 

学校が始まると思うように時間がとれなくなります。

夏休みのようにこんなに勉強時間がとれるのは、少なくなってきてしまいます。

この先後悔しないように、今、自分がやるべきこと・やらなければならないことを明確にして時間を大切にしながらやっていきましょう♪

最新記事一覧

過去の記事