ブログ | 東進ハイスクール厚木校|神奈川県

ブログ 

2012年 9月 2日 9月の魔物

高校生の皆さん!

気をつけてください。

9月には魔物が住んでいます。

 

9月といば頭に浮かぶのは華やかな学校行事ではないでしょうか?

文化祭体育祭など待ちに待った行事が目白押し!

 

ただし、考えてください。

時間は限られています。

勉強と向き合わなくてはいけません。

確かに9月は時間感覚を狂わせる時期かもしれません。

新しい学期の始まりに行事などいろいろなことが立て続けに起こります。

 

しかし冷静になってみれば3年生はあと4ヶ月でセンター試験が始まります。

1,2年生は、ちょうど半分が過ぎましたが前期の復習は本当に大丈夫でしょうか?

 

9月は楽しみが多い月かもしれません。

ただし長月が短月となることがないよう今一度自分の勉強を見直してみてはいかがでしょうか?

 

【お知らせ】

東進では10月全国統一高校生テストを行います。

例年通り一般性の皆さんも無料で招待いたします!

近日中に申込が開始されますので、ぜひチェックしてみてください。

 

以上北川でした。

 

 

 

2012年 9月 1日 高速マスターを完全習得しよう

こんにちは、吉際です。

 

だんだんと涼しくなってくるのを感じております。

 

自分は暑がりなのであきが楽しみでなりません。

 

今日のブログは上位国公立大、難関私立大を目指す人は必見ですよ。

 

さて、皆さんはもう夏休みが終わって2学期が始まったと所も多いと思います。

 

どうですか?

 

久しぶりの学校は楽しいですよね!!

 

さて、楽しいい学校生活ですが、勉強面も加速していかなければなりません。

 

今日は2年生の英語、特に高速マスターについて話します。

上位国公立大、難関私立大を目指す人は英語を2年の終わりまでに基礎力を完成させることがとても重要になってきます。

 

3年になってから英語に時間ばかりかけていると他の科目(理社等)にじかんが割けなくなるからです。

 

では基礎固めをするために具体的に何をすればいいのか?

 

それはずばり!英語の高速マスターの単語、熟語、文法を完全修得することです。

 

理想としては

9月中にセンター英単語1800完全習得

10月中にセンター英熟語750完全習得

12月中にセンター英文法750完全習得

 

これらをこなし1月19日、20日にあるセンター同日にいい結果を出しましょう!!

 

ではでは

 

 

 

 

2012年 8月 31日 センター模試を終えて、、、

こんにちは!!

 

厚木校担任助手1年の岩辺駿です。

 

受験生は、センター本番レベル模試が終わり、あと約3週間後には、難関大・有名大本番レベル模試が待っています。

 

皆さん、模試の復習はできていますか??

 

模試において最も重要なのは、復習と言っても過言ではありません。

 

 

約3週間後の難関大・有名大本番レベル模試で、より高い点数を取れるように、今回のセンター本番レベル模試で間違えたことを、しっかり復習し、苦手を一つでも多くつぶしておきましょう。

 

また、センター模試と有名大・難関大模試の間隔は、本番のセンター試験と国公立大の二次試験、私大の一般入試試験の間隔とほとんど同じです。なので、今のうちから、センター試験が終わってからの気持ちの切り替えや二次、私大の試験への気持ちの持っていき方などシミレーションしておくと良いと思います。

 

本番で良い結果を出すために、今のうちから準備をしていきましょう。

 

2012年 8月 29日 学校がはじまってから…

こんにちは!!

厚木校1年担任助手 小西です。

毎日寝苦しい夜が続いていますね。

今回は学校が始まってからのお話です(^^)/

受験生はセンターも終わり志望校対策が始まりますね!

1,2年生は初めてのセンターにいろいろな思いがあると思います。

そして長いようで短かった夏休みも終盤になってきたと思いますが、

今までは丸1日使えていたのに、学校が始まり時間が思うように使えずあせっている人もいるんではないでしょうか?

これから受験生は時間の使い方がとても大事になっていきます。

学校が始まり、1日で出来ないことも増えて行きます。

そうなるとあっちもできてない、こっちもできてないと中途半端になりがちです。

しかしそこで割り切って、しっかり集中していくことが大事です。

限られた時間の中で集中した人が合格していきます。

これからも頑張っていきましょう!!!

 

 

 

2012年 8月 28日 模試のあとの過ごし方

こんにちは(*^^)v厚木校担任助手の竹内です。

夕方は涼しい風が吹くようになりましたね。秋はすぐそこでしょうか。

 

 

さて、先日東進ハイスクールでは8月センター試験本番レベル模試が行われましたね。

内部生だけではなく、外部からもたくさんの生徒が受験してくれました。

受験生は夏休みに努力して得た自分自身の力を出し切ることはできたでしょうか?

悔し涙を流して次こそは・・・と思った人もいれば、高い点数を獲得出来てさらなる目標が出来た人もいるでしょう。

2年生は先日が、センターレベルの模試へのデビュー戦でしたね。

想像以上のレベルに圧倒された人、意外と簡単だったな、とほっと一息ついた人様々だと思います。

受験生も下級生も感じる事は十人十色だと思いますが、ひとつだけ共通していることがあります。それは・・・

模試受験後の復習の重要さです。

みなさん、受けた模試をそのままにしていませんか?

現実から目をそむけたい・・・とりあえず模試のことはあとで・・・

そんな気持ちでは甘いです。まだまだです。

模試で間違えてしまったところ、それがこれからの成績を伸ばすための材料になります、宝の山です。

点数だけ見て一喜一憂するのではなく、自分がどこが苦手でどこを復習すれば次の模試では目標点にたどりつくのか、まぐれで得点を取っているわけではないか、苦手な分野をどのように克服すればいいのか・・・・・。

そのように考えて自分自身を分析することで、更に上の目標にたどり着きます。

思うような点数が取れなかったから落ち込むだけの人、落ち込んでも復習をしっかりとして歩みだす人結果ははっきりとしています。

 

 

模試こそ真の自分と向き合うチャンスです!!

 

 

辛い時こそ正念場。最後まで走り続けていきましょう。

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事